I'll be Back.

terminator.exblog.jp ブログトップ

【7日目】スロヴェニア・クロアチア世界遺産を巡る9日間の旅

実質的な旅の最終日。あ~帰りたくない。帰りたくない。この気持ちと共に相方の腰はますます悪くなって行きました。朝起きては「腰が痛い」、少ししゃがんでも「腰がいたい」、歩いていても「腰が痛い」・・・じじいかっ!

そんなホテルの朝食。日本人観光客が大量に押し寄せてきて、一瞬「ここは日本かや?」と思わせる雰囲気が流れました。
e0028248_19502194.jpg

e0028248_19503422.jpg

朝食後は早速、ドゥブロヴニク市内観光。小さな街なので半日あれば観光できます。まずは、「ピレ門」。城壁めぐりのスタート地点。
e0028248_19505055.jpg

中に入ると「オノフリオの大噴水」。不気味な顔から湧き水が溢れています。
e0028248_19518100.jpg

e0028248_19512162.jpg

そしてドゥブロヴニク市内のメインストリート「プラツァ通り」。カフェやお土産物屋が並び、観光客で賑わっています。
e0028248_19513555.jpg

メインストリーから伸びる小路もオシャレです。
e0028248_19515259.jpg

e0028248_1952543.jpg

「aqua」と呼ばれるマリン用品のお店。バスタオルとかが売ってます。
e0028248_19522598.jpg

そしてルジャ広場にそびえ立つ「聖ヴラホ教会」。
e0028248_19523821.jpg

少し歩くと「旧港」と呼ばれるドゥブロヴニクの交易を支えた港が見えてきます。
e0028248_2001621.jpg

e0028248_2003299.jpg

そして今回の旅の最終目的地であるドゥブロヴニクの最大の見物・・・それは。今歩いているこの旧市街をスルジ山という山から望む絶景です。クロアチアボックスの表紙にも採用されており、我々がクロアチアに行きたい!とGoogleマップを見て思ったのもこの景色です。なのでケーブルカーに乗って山に登ります!ケーブルカーまで徒歩で向かいます。
e0028248_2004490.jpg

e0028248_2005698.jpg

が、しかーし!今日は風も強く、天気も悪かったのですが、ケーブルカーのチケット売り場に行くと、ケーブルカーは動かないと。ここにきて、またしても予定が大狂い。久々に腰の痛い相方に「バカヤロウ!どういうオペレーション組んでんだっ!」と怒声が響いたのは言うまでもないでしょう。そうは言っても、“ここまで来て、諦める訳には絶対に行かない”という相方の強い意志のもと、タクシーで山に登ることにしました。
そして、つっ、ついにたどり着きました~!最後の世界遺産「ドゥブロヴニク旧市街」。何枚写真を撮ったか分かりませんが、そのうちの何枚かをご紹介~♪
e0028248_19531170.jpg

e0028248_19532530.jpg

e0028248_1953392.jpg

e0028248_19535494.jpg

e0028248_1954945.jpg

180度目の向きを変えるとボスニアの平原?高原?が鬱蒼と広がっています。
e0028248_19542979.jpg

なぜか山の上には十字架も立っています。
e0028248_2063416.jpg

相方は「何で青空じゃないんだよ~」と散々嘆いていましたが、まっ、しょうがいないじゃないか、そういうこもあるさ。山から降りてくると、さっきの「プラツァ通り」は大賑わい。
e0028248_19545866.jpg

お昼ごはんを食べてから、お土産購入に専念することにしました。最後の昼食の様子をご紹介~★
e0028248_19555436.jpg

e0028248_2012330.jpg

e0028248_2013693.jpg

e0028248_19562046.jpg

e0028248_19564965.jpg

「プラツァ通り」には突然、花嫁が現れました。
e0028248_1957572.jpg

お土産を大量に購入して、旧市街見納めです。
e0028248_19572543.jpg

e0028248_19573954.jpg

e0028248_19575158.jpg

e0028248_1958742.jpg

e0028248_19582197.jpg

e0028248_19583430.jpg

タクシーでホテルに戻ってきました。昨日、見えなかった景色が見えてきます。これが「ホテル・ベルビュー」の正面玄関。
e0028248_19585045.jpg

部屋からはこんな景色が見えたのかぁ~!!アドリア海の色はまさにコバルトブルー。
e0028248_1959319.jpg

ホテルのプライベートビーチがあります。
e0028248_19591965.jpg

部屋のテラスにも備え付けのイスとテーブルがあって、何も考えずにずーっとここにいたい。「あ~帰りたくない、帰りたくない。」と相方が連呼していました。
e0028248_202233.jpg

今まで数多くのアドリア海の写真をお届けしてきましたが、せっかく海に来たんだから、入らなきゃ意味が無いでしょ~。という方もいらっしゃると思うので、実は5分くらい入ってきました。ホテルのプライベートビーチに!
e0028248_2021858.jpg

何故5分なのか?とか色々あると思いますが、このプライベートビーチに行くまでに、行くまでのエレベーターが故障していて、階段で行くようにとの指示があったのですが、ホテル中を歩き回ってもビーチに下りる階段が見つからず、フロントに行って、あーでもない、こーでもないとやっているうちに雷がやってきて、我々がビーチにたどり着いたときには物凄い閃光と雷鳴が響き渡る中、“アドリア海に入らない訳にはいかない”という強い信念のもと、必死に海に飛び込んだという経緯があるからです。そんな忙しない旅でしたが、部屋に戻りお風呂に入って、スーツケースにお土産を詰め、明日、東京に帰る準備を粛々と行いました。

そして夜ご飯は我々の海外旅行の恒例でもある“現地de日本食”です。昨年のドイツの違い、候補は1つしかなく、パレスホテルという中に入っている「Sushi Bar」という所で食べました。クロアチアで日本食なんか・・・と思っていたら、店はほぼ満席状態。。。意外と人気なのね。
ちゃんとカウンター席もあり、ビールは「サッポロ」でしょ。
e0028248_20241100.jpg

e0028248_202547.jpg

そして寿司は・・・巻き寿司かっ!「ドゥブロヴニク・スペシャル」とかってやつだったと思いますが。ある意味スペシャル!でもね、ちゃんと握り寿司もあったようですので、訪れる機会があったら、食べてみてください★
e0028248_19594333.jpg

ホテルに戻ってきて、初体験。ゴホッ、ゴホッ。あっ、ルームサービスでデザートを頼みました。写真の色合いはあまり良くないですが、とてもおいしかったですよ!
e0028248_2031348.jpg

明日は朝4時半起きで、飛行機を乗り継いで東京に帰らなければなりません。この旅で初めて相方と意気投合しました。

「帰りたくない。帰りたくない。帰りたくない。」

アドリア海の潮騒が我々の声をかき消していきました。
[PR]
by patriot0501 | 2012-09-14 00:00 | 旅行記録
line

外見はターミネーターですが、実は動物好きの心優しいある男の手記です。


by patriot0501
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31